スポンサーサイト

2015.11.19 Thursday

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    マイナンバー

    2015.11.14 Saturday

    0


      シンプルで読みやすいマイナンバー対応実務
      商品価格:1,080円
      レビュー平均:0.0
      【スキミング 防止 ステッカー シール グッズ 財布 スキム ブロック】マイナンバー/対策/予防/スキミングブロッカー/トラベル 旅行用品/磁気カード ICカード/日本製【a033お伽噺_ハートの女王】
      商品価格:1,296円
      レビュー平均:0.0
      【メーカー直送】EIKO エーコー 小型指紋照合式耐火金庫【ES-9F】 【時間指定不可】【代引不可】【玄関先渡し】 / マイナンバー 保管 対策
      商品価格:36,102円
      レビュー平均:0.0

      都内の郵便局 マイナンバー通知カードを誤配達
      東京都内の郵便局が、マイナンバーを伝える通知カード2通を誤って別の人に配達していたことが分かりました。 これは13日、日本郵便東京支社が記者会見し、明らかにしました。 それによりますと、今月10日、品川郵便局の63歳の男性配達員が品川区のマンションにマイ (続きを読む)


      マイナンバー 朗報!事業者も要らない・各省庁がお墨付き 最善 ...
      事業者も頭が痛い『マイナンバー』。 源泉徴収票や支払調書に特定個人識別番号(略して個人番号)を記載する欄ができるため従業員の個人番号を集めて記載しなければならない(らしい)。 すでに従業員の扶養控除等(異動)申告書には個人 ...(続きを読む)


      マイナンバーアメリカSSNで被害増加!マイナンバー、先行する米国「なりすまし」被...
      マイナンバーアメリカSSNで被害増加!マイナンバー、先行する米国「なりすまし」被害の実態! マイナンバー制度は、世界でも先進国の多くが類似の制度を導入している。利点がある一方で、情報 流出や悪用のリスクもあることを示しているのは「なりすまし」事件が大きな問題となっているアメリカだ。多くの個人情報がひも付いた「SSN」と呼ばれる番号が悪用される事案が深刻化している。アメリカは日本の「未来」を暗示するのか。被害の実態を追う。 マイナンバー、先行する米国「なりすまし」被害の実態アメリカで相次ぐ「なりすまし詐欺」 アメリカではSSN(Social Security Number=社会保障番号)と呼ばれる9ケタの番号が導入されている。取得時にはその番号と署名が記されたSSNカードが配布されるが、市民の多くは携帯することなく番号自体を暗記して本人確認に利用している。 SSNの取得は義務ではないが、福祉、医療の補助金や税の還付など行政手続きに加え、ローンの申請や、クレジットカードの発行、銀行口座開設、携帯電話の契約、運転免許の取得などあらゆる場面で身分証明として使われる。1936年の制度開始から累計4億5370万枚のSSNが発行されている。 だが、このSSNを悪用した「なりすまし被害」が深刻化している。最も多いのは、他人のSSNを使ってクレジットカードを発行して、買い物をするというケース。アメリカ政府機関の統計によれば2014年には、16歳以上の7%にあたる延べ1760万人がSSNに関する被害に遭った。詐欺事件の中では、SSNに関するものが15年連続、最多である。 皆さん!詐欺に会えば、自分で解決しなければならないのですよ! 国は、詐欺にあっても弁護士に頼んでと言われるでしょう! 官僚の至福を肥やす国民を馬鹿にしたマイナンバー制度ですよ!(怒)(続きを読む)




      スポンサーサイト

      2015.11.19 Thursday

      0
        関連する記事
        コメント
        コメントする